熊本で交通事故・債務整理の無料相談|弁護士特約対応【いなば法律事務所】

いなば法律事務所

HOME

NEWS

お知らせ
トップページ > お知らせ一覧 >

交通事故後遺症★熊本市南区・30代男性・足関節内果骨折などにつき、後遺障害等級12級7号の認定取得

2019/08/05

熊本県内で発生した交通事故で、足関節内果骨折・距骨骨折などをされた30代男性の方の事案です。

 

 

被害者:30代男性、熊本市南区在住

交通事故発生地:熊本県内

傷病名:足関節内果骨折、距骨骨折ほか

 

 

《後遺障害等級認定の取得》

治療中から弁護士依頼を頂いた交通事故です。

治療終了を待って、整形外科の医師から後遺障害診断書を取得し、

弁護士にて、自賠責保険に被害者請求の形で、後遺障害等級の認定を申請しました。

 

申請の結果、

・足関節の機能障害について、患側が健側の可動域角度の3/4以下に制限されていることより、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、後遺障害等級12級7号

 

の認定を得ることができました。