熊本で交通事故・債務整理の無料相談|弁護士特約対応【いなば法律事務所】

いなば法律事務所

HOME

NEWS

お知らせ
トップページ > お知らせ一覧 >

交通事故示談★熊本市東区・80代女性・保険会社提示「約65万円」→弁護士依頼後「約325万円」を回収して解決(既払い金を除く金額です。)

2019/10/07

弁護士依頼をお受けした後に、後遺障害等級併合14級を取得し、交通事故紛争処理センターへのあっせん申立を行って解決した、熊本市東区在住の女性の方の交通事故です。

 

 

被害者:80代女性、熊本市東区在住

交通事故発生地:熊本県内

受傷内容:外傷性頚部症候群・腰椎捻挫・膝関節打撲傷

 

 

《保険会社による示談提示~弁護士へのご依頼》

相手方の保険会社から、

「後遺障害等級はない」ことを前提として、

「既払い金を除き、約65万円」の示談提示をされておられました。

 

 

《弁護士の活動①~後遺障害等級の認定取得》

ご依頼をお受けした後、弁護士にて、事案を検討させて頂きました。

その結果、まずは、後遺障害等級の認定申請を行うこととしました。

 

通院先の整形外科から、後遺障害診断書を取り付け、

自賠責保険へ被害者請求の形で、弁護士にて、後遺障害等級の認定を申請しました。

 

申請の結果、自賠責保険から、

後遺障害等級併合14級(14級9号「局部に神経症状を残すもの」×4か所)の認定を受けることができました。

この時点で、後遺障害に係る自賠責分の保険金「75万円を先行回収」できました。

 

上記75万円は、通常は、保険会社との示談において、最終示談金に含まれていることが一般的です。

しかし、本件交通事故においては、この時点で、先行して75万円を回収しました。

 

 

《弁護士の活動~示談交渉あっせん解決》

後遺障害等級併合14級を前提として、保険会社との示談交渉を再開しました。

しかし、保険会社の提示額は、

「既払い金や先行回収の75万円を除き、約185万円」というものでした。

 

弁護士にて、検討させて頂いたところ、80歳と高齢の女性の方の交通事故ですが、更に、示談金額の上乗せが出来るものと判断されました。

そこで、

交通事故紛争処理センター(福岡)に、あっせん申立てを行い、示談金の上積みを求めました。

 

あっせん申立の結果、

「弁護士による先行回収金75万円」や保険会社の既払い金を除き、

「新たに約250万円の支払」を受ける、という内容で、あっせんによる示談解決ができました。

 

弁護士にご依頼された後に、弁護士にて、回収した金額は、

「先行回収75万円+あっせんにおける回収額約250万円=約325万円」となります。

 

 

《弁護士費用のご負担のない解決》

本件は、弁護士費用特約が利用できる交通事故でした。

特約からは、弁護士費用の全額をまかなうことができ、ご本人様の弁護士費用負担なく、交通事故の解決ができました。

※ 弁護士費用特約は、契約先の保険会社や契約時期により、内容や運用が異なります。