熊本で交通事故・債務整理の無料相談|弁護士特約対応【いなば法律事務所】

いなば法律事務所

HOME

NEWS

お知らせ
トップページ > お知らせ一覧 >

交通事故示談★熊本市中央区・30代女性・むち打ち症・後遺障害等級併合14級につき、合計約520万円の損害額認定を得て示談解決

2019/03/08

家事労働に対する休業損害「約140万円」の認定を得るなどした、熊本市中央区在住の30代主婦の方の交通事故です。

 

 

被害者:30代女性、熊本市中央区在住

職業:専業主婦

交通事故の概要:熊本市内における出合い頭衝突の交通事故

傷病名:外傷性頚部症候群、腰椎捻挫ほか(むち打ち症)

治療状況:熊本市内の病院と整骨院を併用して通院治療

(病院約65日、整骨院約65日の通院)

後遺障害等級:併合14級(14級9号「局部に神経症状を残すもの」×2か所)

 

 

《弁護士による解決~異議申立による後遺障害等級認定の取得》

弁護士にご相談された時点で、後遺障害等級が「非該当」との認定でした。

弁護士依頼を頂いた後、弁護士にて、異議申立を行い、後遺障害等級併合14級(14級9号「局部に神経症状を残すもの」×2部位)の認定を得ました。

 

この時点で、後遺障害分の自賠責保険金75万円を先行回収しました。

上記75万円は、通常の保険会社との示談では、「最終受領金に含まれることが一般的」ですが、本件交通事故では、この時点で、弁護士にて、先行回収しております。

 

 

《弁護士による解決~相手方保険会社との示談金交渉最終解決》

異議申立で認定を受けた後遺障害等級併合14級を前提に、弁護士にて、相手方保険会社と、最終的な示談金の交渉を開始しました。

 

相手方保険会社は、かなり強硬な姿勢でしたが、最終的には、当方の主張に近い形での示談解決となりました。

 

具体的には、

・家事従事者分の休業損害(主婦休損):約140万円

・傷害慰謝料(通院慰謝料):約95万円(裁判基準満額)

・後遺障害逸失利益:約75万円

・後遺障害慰謝料:110万円(裁判基準満額)

など、

合計「約520万円の損害額認定」を得ての示談解決ができました。

 

相手方保険会社による既払い金や弁護士が先行回収した75万円を除いた、最終受領金は「約350万円」

弁護士依頼をお受けした後の、弁護士による回収金は、「先行回収した75万円」+「最終示談金約350万円」=「約425万円」となります。

 

 

《弁護士費用の被害者様負担なし》

弁護士費用特約の適用がある交通事故でした。

弁護士費用は、特約からの全額支払を受けられましたので、被害者様の弁護士費用負担なしで、交通事故の示談解決ができました。