いなば法律事務所

HOME

NEWS

離婚・慰謝料・親権など

離婚を考えている方の法律相談

離婚を考えていても、離婚できるのか、離婚できたとしても自分や子供たちの生活が成り立つのか迷っている方に、法律が定める離婚原因があるのか、離婚できた場合にはどの程度の条件で離婚が見込めるのか、事実や証拠を検討させて頂き、法律家の立場からのアドバイスをいたします。

離婚に関する法律相談

1回30分 5000円+税
30分では足りないというご意見もありますが、家族関係や財産関係、ご本人様のご希望などについて、相談に際してあらかじめ簡単にメモにまとめて頂きますと、ほとんどのケースでは30分で一通りのご説明をさせて頂くことができます。

夫婦間の協議で離婚の話がまとまった場合には、夫婦のお約束を離婚協議書や公正証書といった法的文書にするお手伝いもしております。

離婚調停・婚姻費用分担調停の代理

夫婦間で協議がまとまらなかった場合には、裁判所の助けを借りなければなりません。この場合、まずは家庭裁判所の調停で話し合いをするのが原則です。また、訴訟を起こす場合にも、調停を先にするのが原則となっています。当事務所では、ご本人様の代理人として依頼を受けて、家庭裁判所の調停を行います。

離婚裁判の代理

原告側:調停でも話がまとまらなかった場合には、裁判をする必要が出てきます。裁判をする場合、証拠関係から離婚が認められる可能性があるのか法律家の立場からアドバイスをします。その上で裁判に踏み切る場合には、ご本人様のご希望を最大限実現できるように代理人として訴訟を進めます。

被告側:相手方から裁判を起された方からの依頼を受けて、代理人として訴訟対応をします。相手方の請求がどのくらい裁判所に認められそうかといった点を法律家の立場から検討し、ご本人様のご希望が最大限実現されるよう、ご本人様の代理人として訴訟に臨みます。

養育費などの差押え

公正証書や調停・裁判などで決められた養育費などが支払われないといった場合に、相手方の給料や財産を差し押さえて、法律の力で権利を実現させる必要が出てきます。当事務所は、ご本人様の正当な権利が守られるよう、ご本人様に代わって、相手方の給料や財産などを差押えたり、相手方との交渉にあたります。取扱い例では、数年間にわたって養育費が支払われなかったという事案で、滞納分を含め200万円程度の支払いを実現させたケースもあります。

料金体系

法律相談:1回30分 5000円+税
調停・訴訟の代理などを希望される方には、法律相談の際におっしゃって頂ければ弁護士費用についてご説明いたします。
お見積りをお示ししますので、十分に納得頂いた上で、ご依頼をお受けします。
当事務所の料金体系は、着手金(手数料)と成功報酬を基本にしておりますが、着手金を低額にして、裁判に出頭するごとに費用を加算するという形でお受けさせて頂く場合もありますので、遠慮なくご相談ください。 また、事案により、弁護士費用の分割支払も可能です。